Menu

就労継続支援A型について

Home

就労継続支援A型について

就労継続支援A型とは

就労継続支援A型とは、通常の事業所に雇用されることが困難で、雇用契約に基づく就労が可能である方が対象となります。

雇用契約の締結による就労の機会及び生産活動の機会を提供、その他就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練と、その他の必要な支援事業のことをいいます。

就労継続支援A型事業所は、雇用型の事業所となっています。

就労継続支援A型事業所は、「就労(働く場)」を提供し、雇用契約を結び、更に一般企業への就労へと繋ぎ、地域社会でのコミュニケーションを促す事業所です。

一般企業への就労に結びつかない方や、企業などで就労することが困難な方が、継続的に就労をすることができます。

都道府県における労働雇用における最低賃金が保証され、健康保険制度への加入も可能です。

仕事風景

就労継続支援事業とは?

通常の事業所に雇用されることが困難な障がい者につき、就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、その知識及び能力の向上のために必要な訓練を行う事業のことをいいます。雇用契約を結び利用する「A型」と、雇用契約を結ばないで利用する「B型」の2種類があります。

就労継続支援A型とB型の違い

A型事業とB型事業の主たる違いは、雇用契約の有無、つまり事業者と利用者の雇用関係が成立しているかいないかという点です。
ただし、工賃はA型にもB型にも支払われます。

整理すると、A型事業の対象は「通常の事業所で雇用されることは困難だが、雇用契約に基づく就労が可能な方」であり、B型事業の対象は「通常の事業所で雇用されることは困難で、雇用契約に基づく就労も困難な方」ということになります。
※工賃: 生産活動にかかる収入から生産活動にかかる経費を控除した額に相当する額を障がい者に支払うもの。